受託ソフトウェアの開発事例

イズミシステム設計ではシステム企画開発部の開設以来30年間、省エネ措置届出書の作成を完全サポートする「A-repo(エイレポ)」、空調負荷計算PAL・CEC計算省エネルギー計算(住宅編)などの建築・設備技術計算をきめ細かくサポートする「SOFTECシリーズ」などのパッケージ販売以外に、お客様の個別のニーズ対応した受託ソフトウェアの開発行ってきました。

建築・設備設計などの専門業務に精通した当社が、今までに培ってきたシステム開発のノウハウを基にして開発してきたソフトウェアの事例をご紹介します。

IFC to ALM Converter Ver.1.1

ArchiCADと空調負荷計算のIFCデータ連携を実現

ArchiCADで出力したIFCデータ(2x3)の基本情報(面積、外壁・仕上面積等)から空調負荷計算 国土交通省仕様の面積等の計算および計算条件の抽出を行い、BIMと空調負荷計算 国土交通省仕様とのデータ連携を実現します。

IFC to ALM Converter 概要書

受託ソフトウェア開発のお問い合わせはこちら