平成28年基準に対応した「A-repo3」 発売中!

「A-repo3(エイレポスリー)」は、建築物省エネ法(平成28年省エネルギー基準)に準拠した省エネ措置届出書作成支援ソフトウェアです。

「A-repo 建築」は、標準入力法・主要室入力でのエネルギー消費性能計算用入力シート作成を支援し、省エネの届出以外にBELSの評価にも利用可能です。「A-repo 住宅」は、住宅・住戸の外皮(UA値・ηA値)計算、エネルギー消費性能計算用データ作成を支援し、住宅性能表示制度の省エネ等級判定、長期優良住宅、低炭素建築物の判定にも利用できます。

カタログダウンロード

≫製品概要メニュー
 ・特徴・機能
     建築(非住宅・住宅共用部)
     住宅
     共通
 ・画面イメージ
 ・準拠している基準、気象データ等
 ・必要システム
 ・プロテクト
 ・新規販売
 ・体験版

イズミシステム設計が販売している各種ソフトウェアをオンラインショップからもご購入いただけます。
※新規1ライセンスのみご購入いただけます。 複数ライセンス、ライセンス追加をご希望のお客様は、注文書をお送りください。

製品概要

特長

製品名

省エネルギー計算サポートソフトウェア

A-repo3 (エイレポスリー)

(Assessment of energy efficiency and make reports)

 

特徴・機能

プロ仕様のソフトウェア

年間に千棟以上の省エネ計算を受託しているイズミシステム設計には、様々な用途、規模の建物の依頼があります。そのような現場で使用されるA-repoは、省エネ計算のプロの意見を十分に取り入れて開発されたソフトウェアです。

オールインワンのソフトウェア構成

非住宅と住宅1つにまとめたソフトウェア構成とすることにより、複合用途建築物もこのソフト1本で対応できます。非住宅、住宅だけを使用したい方には分割提供も行っております。

 

製品名

届出書作成

外皮基準

エネルギー消費性能計算用

入力シート作成支援

A-repo3建築

〇(PAL*)※1

〇※1

A-repo3住宅

〇(UA値・ηA値)

〇(共用部/住戸)※1

※1:PAL*、一次エネルギー消費量の算定は(国研)建築研究所のWEBプログラム(http://www.kenken.go.jp/becc/)にて行います。  

 

 
建築(非住宅・住宅共用部)

エネルギー消費性能計算用入力シート等の作成をサポート

エネルギー消費性能計算は(国研)建築研究所のWEBプログラムで求めます。計算結果の信頼性と確実性はありますが、アップロードに必要な入力シート(Excelファイル)は、入力手間を省く仕組みが取り入れられていないため、わかりづらく手間がかかり入力ミスが起こりやすいという問題がありました。

A-repoは、ネックとなっている入力シート作成を多数の入力支援機能で改善し、作業時間を大幅に短縮します。

エネルギー消費性能計算用入力シート作成支援

A-repoでは、室、外皮、設備機器等の情報が内部で完全にリンクされているので、無駄なく効率的に入力ができます。
設備機器の入力は、あらかじめ登録した機器と設置する室との結びつきをリストから選択して進めていきます。

算定プログラムURL⇒http://building.app.lowenergy.jp/

※A-repo3を利用した建築物のエネルギー消費性能算定 フロー(算定用WebプログラムはA-repoの機能とは無関係です)

 

入力エラーチェック機能

WEBプログラムではアップロード時に室・機器名称不整合、入力項目不足、禁則文字使用等があるとエラー表示され計算できません。A-repoでは室と機器名称が内部でリンクされているので入力ミスによるエラーは発生しません。さらにエラーチェックも同時に行い問題を未然に防ぎます。

空調熱負荷計算ソフトとの完全連携

弊社の空調負荷計算ソフト「STABRO 負荷計算 国土交通省仕様」から室、構造体、ガラス、日除け、外皮面積の情報のインポートが可能です。

室登録数、空調設備/機器登録数の拡張

階毎の室の最大登録数、パッケージエアコンの室外機・屋内機の組み合わせの最大数を拡張しました。

一次エネルギー消費量『比較表』作成

計画段階での設備システム、ガラス・断熱の仕様検討を行う場合など、仕様の違いによる計算結果比較表をExcelファイルで出力できます。プロジェクトチーム内や施主との検討資料にも活用できます。

建築の主要室入力方法機能の追加

建築結果レポート、比較レポートの作成機能の追加

■建築バージョンアップ概要

(http:www.kenken.go.jp/becc/)に対応し、以下の項目を変更

①建材の物性値
②開口部データ
③空調熱源機種
④蓄熱運転モード
⑤換気代替空調の入力方法
⑥照明の制御方式
⑦節湯器具の選択肢
⑧太陽光発電のパワーコンディショナの効率項目
⑨STABRO負荷計算のインポート機能の変更
 
住宅

住戸をグルーピングして効率的に外皮計算とエネルギー消費性能計算の入力をサポート

共同住宅省エネ基準では仕様(タイプ)が異なる全住戸の入力が必要となります

-repoでは条件が同じ戸(タイプ)をグルーピングして入力できる機能を提供し、無駄なく効率的に全住戸の設定ができます

 

住宅・住戸の外皮(UA値・ηA値)計算

住戸の位置関係を表す住戸構成図を作成し、計算対象の住戸(タイプ)を選択しながら、外皮計算の入力を行います。WEBプログラムを利用せずにA-repo内でリアルタイムに計算し随時結果を画面表示します。計算根拠となる帳票を出力するので計算書としてそのまま提出可能です。

エネルギー消費性能計算用データ作成支援

住戸のエネルギー消費性能計算は、共通入力項目が多いので条件の異なるタイプのみ個別に設定させることにより最小限で全タイプが網羅できます。また、住宅共用部は住宅・非住宅共に一次エネルギー消費量画面にて入力可能です。

算定プログラムURL⇒http://house.app.lowenergy.jp/

※A-repo3を利用した住宅・住戸のエネルギー消費性能計算フロー(算定用WebプログラムはA-repoの機能とは無関係です)

住戸一次エネ計算のAPI機能の追加

 ※API機能とは、建築研究所のWebプログラムに対して、自動で計算情報をアップロード、ダウンロードする機能です。

■住宅バージョンアップ概要

平成28年省エネルギー基準に準拠したWebプログラム

(http:www.kenken.go.jp/becc/に対応し、以下の項目を変更

①建材等の熱物性値データ
②上下階での熱橋の按分方法
③窓枠を考慮した開口部の日射熱取得率
④2重窓の計算方法
⑤設備機器の変更
⑥住宅共用部の入力をA-repo3住宅の入力メニュー内で行うことが可能になった
 
共通

ユーザーズガイド、マニュアル、ツールチップによるヘルプ機能

機能および操作を網羅したリファレンスマニュアルの他、一連の入力手順をまとめたユーザーズガイドの両方を用意しました。一部の入力項目はカーソルをタイトルに合わせたときにその項目に関するヒントが表示されるツールチップ機能で、入力をサポートします 。

基本データ標準搭載

用途、建材、ガラス物性値、日除け効果係数(改定 拡張デグリーデー表)、照明器具の消費電力参考値等はあらかじめ登録済みですので、後はリストから選択するだけです。201種類もある室用途は建物用途の選択に応じて選択肢を絞り込むので選択しやすくなっています。

更新プログラムをいち早く提供

不具合修正および機能追加、改善の更新プログラムが公開された時に自動で通知を行います。

■共通バージョンアップ概要

①起動画面をスッキリと見やすいデザインに一新
②セットで購入時に建築と住宅を別々のPCにインストールして実行が可能
A-repo2.1(最新バージョンのみ)の物件データのインポート機能
 

画面イメージ

クリックで画像拡大

【起動画面】

建物用途により、「A-repo3 建築」、「A-repo3 住宅」を選択します。

ファイル情報やライセンス管理情報が確認できます。

クリックで画像拡大

【一次エネルギー消費量】

エネルギー消費性能計算用の室登録画面で計算の対象となる室を入力した後、設備毎に値を設定します。
入力結果を「エネルギー消費性能計算用入力シート」(国立研究開発法人 建築研究所提供)に出力して、エネルギー消費性能計算プログラム(http://www.kenken.go.jp/becc/)にアップロードします。

※「A-repo3 建築」の画面イメージです。

クリックで画像拡大

【住戸のグループ設定機能】

住戸構成図から仕様(タイプ)が一致する住戸を選択し、まとめて入力することが可能です。

※「A-repo3 住宅」の画面イメージです。

 

クリックで画像拡大

【レポート】

・建築
一次エネルギーレーダーチャート

クリックで画像拡大

【レポート】

・住宅
外皮性能、一次エネルギー消費量

 

準拠している基準、気象データ等

建築、
住宅(共用部)
  • 国立研究開発法人建築研究所資料(協力:国土交通省国土技術政策総合研究所)「非住宅建築物のエネルギー消費性能の評価方法に関する技術情報」

  • 国土交通省 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(平成27年7月8日公布)
  • 一般社団法人建築環境・省エネルギー機構「改定 拡張デグリーデー表」
住宅
  • 国立研究開発法人建築研究所資料(協力:国土交通省国土技術政策総合研究所)「平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住宅)」
  • 国土交通省 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(平成27年7月8日公布)
  • 一般社団法人 住宅性能評価・表示協会発行「建築物省エネ法第30条・第36条に基づく認定に係る技術低審査マニュアル(2016住宅編)
 

必要システム

OS Microsoft Windows 7 Sp1 (32bit(x86)/64bit(x64)版に対応)
Microsoft Windows 8.1 (32bit(x86)/64bit(x64)版に対応)
Micorosoft Windows10 (32bit(x86)/64bit(x64)版に対応)
※Windows10はデバイスがサポートされている間のみ
CPU/メモリ お使いのOSが推奨する環境以上
ディスプレイ 1280×800ピクセル以上 
HighColor以上を推奨
ハードディスク 本ソフトウェア
 約1GB
Microsoft .NET Framework4.0
 OSが32bit(x86)の場合850MB、64bit(x64)の場合2GB
光学式ドライブ CD-ROMの読み込みができるドライブ(パッケージ版のみ)
インターネット接続 HTTP/1.1の各プロトコルが通過できるインターネット接続環境
必須コンポーネント Microsoft .NET Framework 4.0
 セットアップ時に自動的にインストールされます。
必須ソフトウェア Microsoft Excel 2010/2013/2016
 ※本製品で印刷、ファイル出力等を行うために必要です。
各社PDFリーダー、ビュワーソフト
 ※操作マニュアル等の各種ドキュメントファイルの閲覧や印刷するために必要
  です。  

■その他windows10対応状況はこちら■

 

プロテクト

オンラインライセンスへの対応によりPC間のライセンスの移動処理が簡単になります。

プロテクト方式 必要事項
オンラインライセンス方式 インターネットへの接続環境

 

オンラインライセンス認証機能

WEB上に設置したライセンスサーバで認証を行うことにより、使用PC間のライセンス移動が簡単です。使用する可能性のあるPC(最大5台まで)にインストールしておき、使いたい方がA-repoを実行するだけです。(ライセンス数以上の同時使用は不可)

 

新規販売

 価格

1.新規顧客向け

■通常価格

 

2.既存顧客向け

旧バージョンユーザーをお使いのお客様は20%OFFキャンペーン実施中です。
(キャンペーン期間:2017年6月15日まで)

 

3.アカデミック版について

教育機関向けの優待価格でソフトウェアをご提供するアカデミック版もございます。
詳しくはお問合せください。

 

【サブスプリクション価格】
サブスプリクション方式:導入時から毎年一定の費用でソフトの使用料とサポート費用を含んだ利用形態です。
今までのバージョンアップ費用は不要となります。

 製品のご購入

A-repo3の注文書(価格表)です。
ご注文の際は必要事項をご記入の上、弊社 FAX 03-5615-8795 までお送り下さい。

A-repo3注文書(PDF)

 

 製品のご購入(オンラインショップ)

オンラインショップでは、イズミシステム設計が販売している各種ソフトウェアの『ダウンロード版』をご購入いただけます。ダウンロード版は、ご購入後すぐにソフトウェアをインストールして使うことができる便利なサービスです。
※新規1ライセンスのみご購入いただけます。 複数ライセンス、ライセンス追加をご希望のお客様は、上記注文書をお送りください。

 

オンラインショップで購入~商品を発送をするパッケージ版はこちらです(新規の方)

 

ご購入方法はこちら

お見積・お問い合わせはこちら