ArchiCADと空調負荷計算のIFCデータ連携を実現

ArchiCADで出力したIFCデータ(2x3)の基本情報(面積、外壁・仕上面積等)から空調負荷計算 国土交通省仕様の面積等の計算および計算条件の抽出を行い、BIMと空調負荷計算 国土交通省仕様とのデータ連携を実現します。

IFC to ALM Converter 概要書

製品概要

特長

BIMと連携した熱負荷計算システムフロー

画面イメージ

クリックで画像拡大

単純化した面積計算

IFCデータ内の詳細な値は使用せずに、ALM Converter内でモデルを単純化し、空調負荷計算に必要な面積・寸法を計算して使用します。
(項目) 外壁・内壁面積、窓面積、屋根・天井、床面積

クリックで画像拡大

計算条件の抽出

IFCデータの中身を精査し、必要な情報を取り出します。同一階・上下階の隣室の空調状況を解析し計算条件の抽出なども行います。
(項目) 壁体の方位、部位名称、外壁・間仕切りの識別

クリックで画像拡大

さまざまな形状に対応

円弧状の壁(真円)や傾斜した壁についても、自動的に方位を分割・傾きを補正して面積を計算します。

クリックで画像拡大

その他の機能
  • ALM Converter上で抽出内容、算出結果の確認ができます。
  • 簡易オブジェクトビューアで、抽出した結果がどのオブジェクトかを視覚的に確認できます。
  • 作業の効率化を考えて、気象地区、ひさし、窓・壁の構成材料、各室条件等は熱負荷計算プログラム側で設定します。

その他機能のご紹介

カスタマイズに対応します
  • ユーザーのBIM形状データに合わせた面積拾いに対応が可能です。
  • 気象地区や窓・壁の構成材料の諸係数、室の内部発熱情報等については、ユーザーの社内標準にあわせたデータ出力内容にカスタマイズすることが可能です。

ご購入方法はこちら

お見積・お問い合わせはこちら