国土交通省大臣官房官庁営繕部設備・環境課監修『建築設備設計基準 平成27年版』に準拠した、空調および換気ダクトの抵抗計算ソフトウェアです。
アイソメ図を作図して抵抗値の計算を行う「アイソメ図モード」、表計算ソフトのように局部抵抗の種類を設定していく「表入力モード」の2つの入力形式に対応しています。

☆本プログラムは一般社団法人公共建築協会の許諾を得て開発・販売を行っています。

カタログダウンロード(印刷用概要書:PDF)

 

≫製品概要メニュー
 ・特徴
 ・画面イメージ
 ・準拠している基準、気象データ等
 ・その他機能のご紹介
 ・出力様式
 ・必要システム
 ・プロテクト
 ・新規販売
 ・体験版

 

イズミシステム設計が販売している各種ソフトウェアをオンラインショップからもご購入いただけます。
※新規1ライセンスのみご購入いただけます。 複数ライセンス、ライセンス追加をご希望のお客様は、注文書をお送りください。

製品概要

特長

アイソメ図入力モード

アイソメ図を作成すると抵抗値の計算も行うことができる、従来にない発想の入力形式です。

表入力モード

表計算ソフトのような形式で、局部抵抗の種類について入力し、抵抗値を算出します。
表入力モードでは、行の切り取り/貼り付け/行挿入/削除等の編集が自由に行えます。

印刷帳票のExcelファイル出力

印刷帳票のMicrosoft Excelファイルに対応しました。
帳票の編集や、メール添付も可能になる等様々な活用ができます。

国交省+便覧の局部抵抗計算データを登録

国交省基準のデータ以外に、『空調衛生工学会便覧 第14版』の使用頻度の高い局部抵抗計算データも標準データとして登録しています。

アイソメ図入力モード

アイソメ図をスケッチし、経路計算(表入力データ自動生成)を行った後、各局部抵抗の種類、風量、サイズ等を設定していくことで、抵抗値を算出することができます。

表入力モードとアイソメ図モードは新規物件作成時に選択します。(選択後の変更はできません)

  • 経路計算を行うと区間記号が自動配置され、「表入力」データの自動作成および抵抗計算が実行されます。
  • 局部抵抗種類やサイズ等は、「アイソメ図作成」と「表入力」画面のどちらでも設定可能です。
  • 吸込口や吹出口の設定状況から、ダクトの交点が分岐部分か合流部分かを自動判定し、局部抵抗の種類を絞り込んで表示します。
  • 吸込口や吹出口は、選択した種類のシンボル図で表示します。
  • 空調機およびチャンバーは、アイソメ図上で表示サイズを変更できます。
  • 局部抵抗名や風量、サイズ等の設定した情報を、アイソメ図上に表示させることができます。
  • 作成したアイソメ図の印刷も可能です。

【アイソメ図モード制限事項】
  • アイソメ図を作成して自動生成された「表入力」データは、行の切り取り/貼り付け/削除/挿入等の編集ができません。
  • 自動生成される区間記号についてもユーザーによる変更はできません。
  • 経路計算するためには、「空調機」か「ファン」が配置してあり、「ダクト」によって「吸込口」または「吹出口」に接続されている必要があります。
  • 連続ベンドの選択はできません。

※上記の制限を気にせずに入力したい場合は、新規物件作成時に「表入力モード」を選択します。


基本機能

アイソメ図モード、表入力モードの両方に共通した機能です。

  • 入力サポート機能
    流入側の風量やサイズについては、直前の入力値を初期値として表示しますので、入力手間が省けます。
  • 一括変更機能
    指定した範囲の風量/サイズ/ダクト材質/を一括で変更することができます。
  • データチェック機能
    風量やサイズ等の入力値のチェックを自動で行うことができます。
  • 抵抗値の直接入力
    標準データにはないユーザー独自の局部抵抗を設定することができます。
  • ダクト種類
    円形ダクト、フレキシブルダクトの計算が可能です。
  • 計算単位
    SI単位(Pa)のほか、従来単位(mmH2O)での計算も可能です。
 

画面イメージ

クリックで画像拡大

表入力モード

表計算ソフトのような入力で、局部抵抗の種類、風量、サイズを設定していき、抵抗値を計算します。
表入力モードでは、行の切り取り/貼り付け/挿入/削除等の編集が自由に行えます。

 

準拠している基準、気象データ等

準拠している基準等
計算方法、出力様式 国土交通省大臣官房官庁営繕部設備・環境課監修
『建築設備設計基準 平成27年版』 、
『建築設備設計計算書作成の手引き(平成27年版)』
追加局部抵抗データ 社団法人空気調和・衛生工学会
『空調衛生工学会便覧 第14版』
 

その他機能のご紹介

前バージョンからの主な変更点
  • ダクト計算機機能に対応(国土交通省基準)NEW!
  • 分担作業に対応(複数系統データのマージ)NEW!
  • 画面・帳票にシンボル図の表示NEW!
  • 入力画面の細かな改善NEW!
  • インターネットを利用したライセンス認証に対応 NEW!
  • オンラインサポートシステムに対応NEW!
  • Windows10(32bit/64bit版)に対応NEW!
  • 旧バージョン(Version 3.0、3.1、3.2)の物件ファイルの読み込みが可能

☆詳しくはこちらをご覧下さい → 新機能のご紹介

                                                →  平成21年版の機能追加はこちら

 

出力様式

出力様式は、準拠している手引の様式に加え、入力チェック用の独自様式からなります。

  • 表紙
  • ダクト抵抗計算書 (様式 機-30)
  • ダクト系統図 ※アイソメ図作成時のみ
  • 入力チェックリスト
 

必要システム

OS Microsoft Windows Vista (SP1以上)
Microsoft Windows 7 (32bit(x86)/64bit(x64)版に対応)
Microsoft Windows 8 (32bit(x86)/64bit(x64)版に対応)
Microsoft Windows 10 (32bit(x86)/64bit(x64)版に対応)
CPU/メモリ お使いのOSが推奨する環境以上
ディスプレイ 1024×768ピクセル以上 HighColor以上を推奨
ハードディスク インストール時に20MB以上の空きエリアが必要
ディスク装置 CD-ROMドライブ
必要ソフトウェア Microsoft Excel 2007/2010/2013
※本ソフトで印刷、ファイル出力等を行うために必要

■その他windows10対応状況はこちら■

プロテクト

オンラインライセンスへの対応によりPC間のライセンスの移動処理が簡単になります。

※インストールの台数制限無し

プロテクト方式 必要事項
オンラインライセンス方式 インターネットへの接続環境

新規販売

 
 価格
対象 初年度価格 2年目以降価格
新規 40,000円 40,000円
ライセンス追加 30,000円 30,000円

・上記価格は、全て税抜きです。
・上記価格は、1ライセンスあたりの価格です。

 

 製品のご購入

本製品は1 年単位でご使用いただくサブスクリプション方式でのご契約となります。
※サブスクリプション方式とは、導入時から毎年一定の費用でソフトの使用料とサポート費用を含んだ利用形態です。今までのバージョンアップ費用は不要となります。

 ⇒ STABROダクト抵抗 平成27年版注文書(PDF)

 

 製品のご購入(オンラインショップ)

イズミシステム設計が販売している各種ソフトウェアをオンラインショップからもご購入いただけます。
※新規1ライセンスのみご購入いただけます。 複数ライセンス、ライセンス追加をご希望のお客様は、上記注文書をお送りください。

体験版

STABROダクト抵抗 平成27年版 体験版(機能制限付き)ダウンロード

 

アカデミック版について

教育機関向けの優待価格でソフトウェアをご提供するアカデミック版もございます。詳しくはお問合せください。

 

ご購入方法はこちら

お見積・お問い合わせはこちら