「SOFTECシリーズ」――建築・設備技術計算をサポートするソフトウェア

「SOFTECシリーズ」は、イズミシステム設計の省エネ計算業務と建築設備設計で培ったノウハウを生かした実績のある省エネ計算・空調設備技術計算ソフトウェアです。PAL・CEC計算、空調負荷計算などの計算および書類作成作業を簡単にできるわかりやすい操作性と設計者の要求に応える高い信頼性を両立しています。

省エネ建築物・省エネ設備を世界中に広めていくために――。「SOFTECシリーズ」は、地球環境の未来のために取り組むプロフェッショナルのための計算・入力支援ソフトウェアブランドです。

SOFTEC 学会負荷計算【便覧14版対応】

(社)空気調和・衛生工学会『空気調和・衛生工学 便覧 第14版』に準拠した、最大空調熱負荷計算ソフトウェアです。
わかりやすい画面構成と直感的な操作性をさらに強化しました。

カタログダウンロード(印刷用概要書:PDF)

 

≫製品概要メニュー
 ・特徴
 ・画面イメージ
 ・準拠している基準、気象データ等
 ・その他機能のご紹介
 ・出力様式
 ・必要システム
 ・プロテクト
 ・新規販売
 ・バージョンアップ
 ・体験版

 

イズミシステム設計が販売している各種ソフトウェアをオンラインショップからもご購入いただけます。
※新規1ライセンスのみご購入いただけます。 複数ライセンス、ライセンス追加をご希望のお客様は、注文書をお送りください。

PAL・CEC計算【平成25年版】

建築物(非住宅)の性能基準(PAL、CEC/AC/V/L/HW/EV)による「省エネルギー計画書」作成ソフトです。平成22年4月以降の届出対象範囲拡大(300㎡以上)に対応しています。

カタログダウンロード(印刷用概要書:PDF)

 

 

【お知らせ】 平成21年度省エネ基準の経過措置期間について
【新築】
建築物の平成25年度省エネ基準は平成25年4月1日に施行されましたが、 経過措置期間である平成26年3月31日までは平成21年度基準(PAL、CEC/AC/V/L/HW/EV)での届出が可能です。
【改修】
増築、修繕若しくは模様替え、空調設備等の設置若しくは改修については、当分の間平成21年度基準での届出となります。

詳しくはこちら ⇒ 建築環境・省エネルギー機構 平成25年省エネ基準 関係法令等

 

≫製品概要メニュー
 ・特徴
 ・画面イメージ
 ・必要システム
 ・プロテクト
 ・新規販売
 ・バージョンアップ
 ・体験版

省エネルギー計算(住宅編)【平成25年版】

2015年10月末 販売終了

新基準対応ソフトはA-repo3へ

 

住宅における省エネ性能の計算、省エネ措置の届出書類作成をサポートします。
届出支援業務のノウハウを盛り込んだ信頼性の高いソフトウェアです。

 

【お知らせ】 平成21年度省エネ基準の経過措置期間について
住宅の平成25年度省エネ基準は平成25年10月1日から施行となりますが、 経過措置期間である平成27年3月31日までは、平成21年度基準(性能基準Q値・μ値、仕様基準、共用部設備CEC値)での届出が可能です。

詳しくはこちら ⇒ 建築環境・省エネルギー機構 平成25年省エネ基準 関係法令等

省エネルギー計算(ポイント法)【平成22年版】

2015年10月末 販売終了

新基準対応ソフトはA-repo3へ

 

非住宅建築物の仕様基準(ポイント法、簡易なポイント法)による計算、省エネルギー計画書作成支援ソフトウェアです。
延床面積が5,000㎡以下の新築・増改築の建築物、平成22年4月以降に新たに届出対象となった300㎡以上2,000㎡未満の建築物(第二種特定建築物)に対して使用できます。

お見積・お問い合わせはこちら