STABRO負荷計算 平成30年版 3月リリース!

最新の建築設備設計基準に対応した新バージョンがついにリリース!!

国土交通省大臣官房官庁営繕部設備・環境課監修『建築設備設計基準 平成30年版』に準拠したソフトウェア「STABRO負荷計算平成30年版」を2019年3月12日にリリースします。

 

【概要】

ソフト名:STABRO負荷計算 【平成30年版】

リリース日:2019年3月12日

 

【新機能、特徴】

  • 建築設備設計基準 平成30年版対応しました。
  • リボンニューの採用、アイコンを一新して、さまざまな機能が見つけやすく、
    素早くアクセスできるようになりました。
  • PCへのインストール台数は無制限。ライセンスを社内でシェアできます。
    (同時実行は購入ライセンス数分)
  • インターネットを利用したライセンス認証で、ライセンスの移動、管理が簡単にできます。
  • サポートサイトを利用したQ&A検索とサポート対応サービスを提供します。
  • バージョンアップ費用は不要です(平成27年版をご利用中の方は無償でバージョンアップ)
  •  

    【価格】

    ・初期費用 10,000円(税抜/初年度のみ)
    ・1ライセンス目 50,000円(税抜)/年
    ・2ライセンス目以降 40,000円(税抜)/年
    ※2年目以降も上記費用がかかります。

     

    ⇒ 製品詳細はこちら