三菱電機の換気機器選定機能を追加したSeACDの新バージョンを今秋リリース

シームレス個別空調設計ソフトウェア『SeACD』の新バージョンを今秋リリースいたします。

SeACDは、空調・換気設計業務をシームレスにつなぎ一元化するソフトウェアです。
現バージョンでは、空調機器については主要メーカーのカタログデータを内蔵しており、各室の負荷値から空調機器を選定し、能力や型番が自動で選択される機能を実装しています。

この度、換気機器の選定について、メーカーカタログデータからの選定を容易に行う機能の開発を進めており、今秋に三菱電機の換気機器データを搭載した新バージョンのリリースを予定しております。
また、今後の展開として、三菱電機と展示会で共同出展するなどで連携し、換気選定機能を実装した『SeACD』の展示などを行っていきます。

 

また本サイト上ではSeACDのすべての機能を1か月限定でお試しいただける体験版 と、 
入力可能室数が20室までの小規模物件を扱う方にオススメのフリー版を公開しております。
まずはどんなソフトか知りたいという方はぜひお試しください。

 

製品詳細はこちら